WORKSHOP REPORT01

佐木島・小佐木島の食材でメニュー開発と試食会を開催しました

2019年8月、KOSAGI DINING TABLE開催に向けた準備を行う、第1期ワークショップが行われました。「食」チームは佐木島在住の方々を中心にご協力いただき、島で採れた食材を中心にメニュー開発と試食会を行いました。

 

The first Food workshop was held on 31st of Augsut, 2019, inviting local chefs and islanders. We tried to create new cuisine using local food, such us vegetables harvested on private fields in the island, octopus and sea weeds caught in the sea. The sea salt was also made by islanders by using the sea water in Sagi island.

KOSAGI DINNING TABLE試作のために準備されたメニュー

当日披露されたのは、「タコとひじきの炊き込み」「しそと梅」「ゴーヤの佃煮」の3種類のおむすびと、「めかぶと島野菜の味噌汁」。それから当日急遽仕入れられたスズキと島の野菜で彩られた、「タコとスズキのカルパッチョ」「かぼちゃの煮物」「かぼちゃのサラダ」の7品。小佐木島で採れた新鮮なタコには大人も子供も大喜び、めかぶの出しの甘みと旨みには感動の声が上がりました。食材はどれも小佐木島とその近隣地域から仕入れられたもの。食事メニューの味の根幹となる「塩」も、隣の佐木島で海水を塩炊きし、採取されたものです。

食材のロジスティクス。殆どの食材を小佐木島と佐木島から調達。米は島内栽培がなく三原市久井町の米を使用。

おむすびと味噌汁というこの限りなくシンプルなメニューが島の食の豊かさを伝えられるということを確認し、10月開催のイベント本番に向け、季節の食材の手配や準備が進められています。

Despite we created various charming cuisines that you can see on the photos above testing new collaborations of local foods, We ended this Food workshop, to decide our final menu to be very simple traditional cuisines, set of Onigiri(Rice balls) and Miso soup. Those are soul food that every single Japanese people know, but have special deep umami taste that the local seaweeds and salt create, and fresh flavor with local herb.

海水を塩炊きし、天然の海塩を作る様子。写真提供「八重潮の会」

​島の海藻でとった出汁。深い甘みがある。

1_edited.jpg

ORGANIZATION

お問合せ:0848-67-6015  

(三原市経済部観光課)

*雨天中止などの場合は 観光課HP

お知らせ します。

​*

主催:ひろしまトリエンナーレ実行委員会

実施:つみき設計施工社

協力:宿NAVELの学校            

 三原市地域おこし協力隊
鷺邸

marumo工房
​有限会社 谷本建設​

河花苑 
​佐木島・小佐木島の皆様

「取材依頼」

などはこちらよりお問い合わせください。

合同会社つみき設計施工社

 info□tsumiki.main.jp(担当:河野直)

1.png


本WEBSITEは、ひろしまトリエンナーレ2020in BINGOプレイベントとして開催されるKOSAGI  DINNING TABLE(合同会社つみき設計施工社 実施)のプロジェクトサイトです。 写真などの無断掲載を禁じます。使用の際には必ずお問い合わせ下さい。 ​©️合同会社つみき設計施工社