ORGANIZATION

お問合せ:0848-67-6015  

(三原市経済部観光課)

*雨天中止などの場合は 観光課HP

お知らせ します。

​*

主催:ひろしまトリエンナーレ実行委員会

実施:つみき設計施工社

協力:宿NAVELの学校            

 三原市地域おこし協力隊
鷺邸

marumo工房
​有限会社 谷本建設​

河花苑 
​佐木島・小佐木島の皆様

「取材依頼」

などはこちらよりお問い合わせください。

合同会社つみき設計施工社

 info□tsumiki.main.jp(担当:河野直)

1.png


本WEBSITEは、ひろしまトリエンナーレ2020in BINGOプレイベントとして開催されるKOSAGI  DINNING TABLE(合同会社つみき設計施工社 実施)のプロジェクトサイトです。 写真などの無断掲載を禁じます。使用の際には必ずお問い合わせ下さい。 ​©️合同会社つみき設計施工社

LOCAL  UPCYCLEを目指して

KOSAGI DINING TABLEを作る二つのチーム共通のコンセプトとして「LOCAL  UPCYCLE」を掲げています。

upcycle(アップサイクル)とは、廃棄物や副産物など、使えないまたは必要とされない物を、より良い質や環境的価値のある新たな素材や製品として生み出すことを意味します。Local=その地域にあるもの」から、新たな価値を生み出そうというのが、私たちが掲げる”LOCAL UPCYCLE”です。KOSAGI DINING  TABLEは、佐木島・小佐木島にあるものを使って、新たな風景を作ることを目指しています。

The concept of KOSAGI DINING  TABLE is LOCAL UPCYCLE. 'Upcycling, also known as creative reuse, is the process of transforming by-products, waste materials, useless, or unwanted products into new materials or products of better quality and environmental value.  (quoted  from wikipedia).   LOCAL UPCYCLE”  is to create new value using local, abandoned materials. We are aiming to create unique scenery using what they already have in Sagi and Kosagi islands. 

佐木島・小佐木島におけるLOCAL  UPCYCLE

冒頭のダイアグラムにある様に、ダイニングテーブルを作る「素材」と彩る「食材」のほとんどが、佐木島・小佐木島の中で調達されています。例えば、大きなテーブルの天板は、小佐木島の「土」で作られています。2018年夏、広島県広域における大雨で、小佐木島でも土砂崩れが起こりました。山から流れ出した土の一部は民間の畑などに流れ出しました。この土を、海藻の海苔とともに練り上げ、スサを入れて補強して固めることで、テーブルの天板を製作しています。伝統的な左官技術をベースにした新たな工法を用いて、民地に流れ出した土砂をプラスのものに転じさせることを意図しています。

 

As you can see on the diagram above,  materials to create KOSAGI DINING TABLE  are mostly supplied from the 2 islands, Sagi and Kosagi. For example, we used soil on Kosagi island to make 7.2m-long table top. We had torrential rain in  Hiroshima prefecture in 2018, which caused  landslide disaster in many spots. Due to it, Soil in mountains flowed into private lands and fields in Kosagi island as well. We took this soil form the field to make the table top. It is our challenge to change the image of Soil that islanders have, from negative to positive.

食事メニューの味の根幹となる「塩」は、佐木島の須の上海岸から調達されています。佐木島の島民を中心とした八重潮の会のみなさんが、海水を塩炊きして、天然の海塩を作られています。(写真は八重潮の会提供)

Another example is salt to make  onigiri (rice balls), one of the cuisines which people can enjoy eating on KOSAGI  DINING TABLE. This natural salt was made from sea water in Sagi island, by islanders.

島という環境の共通課題

 

小佐木島も佐木島も本土からのアクセス・ロジスティクスは、海運に限られています。佐木島の人口は、この50年で約3000人から約700人へと減少し、高齢化率は約70%。小佐木島の現在の人口は7人です。超縮小かつ超高齢化の局面を迎える今、すでに島にあるもので、どんな新しくユニークな価値を生み出していけるのか。本プロジェクトの挑戦と主題は、そこにあります。

 

Limited logistics have been a common issue on all every island where its only access from main land is a boat or a ferry. In the time of  super declining and aging society, this issue becomes more serious. (The population of Sagi island is now around 700ppl, while it was around 3000 ppl 50years ago, and aging rate is 70%. The population of Kosagi island is now only 7ppl.) How and what kind of new value we can create using what they already have in the islands is the them is the most important  theme  of this project.