ORGANIZATION

お問合せ:0848-67-6015  

(三原市経済部観光課)

*雨天中止などの場合は 観光課HP

お知らせ します。

​*

主催:ひろしまトリエンナーレ実行委員会

実施:つみき設計施工社

協力:宿NAVELの学校            

 三原市地域おこし協力隊
鷺邸

marumo工房
​有限会社 谷本建設​

河花苑 
​佐木島・小佐木島の皆様

「取材依頼」

などはこちらよりお問い合わせください。

合同会社つみき設計施工社

 info□tsumiki.main.jp(担当:河野直)

1.png


本WEBSITEは、ひろしまトリエンナーレ2020in BINGOプレイベントとして開催されるKOSAGI  DINNING TABLE(合同会社つみき設計施工社 実施)のプロジェクトサイトです。 写真などの無断掲載を禁じます。使用の際には必ずお問い合わせ下さい。 ​©️合同会社つみき設計施工社

【2019年10月20日+ 22日 イベントレポート】

100人で島が秘める魅力を味わう2日間

A short movie of KOSAGI DINING TABLE, a pre-event of Hiroshima triennale 2020 in BINGO.

 

2019年10月20日(日)、22日(祝)、KOSAGI DINING TABLEの展示と 島のおむすびランチイベントが開催されました。舞台は広島県三原市・人口6人の小佐木島です。島々で集められた素材と食材で彩られたユニークな食卓が、小佐木島の隠れた魅力を世界に発信した2日間でした。

An exhibition and lunch event on KOSAGI DINING TABLE was held on 20th and 22nd of October in 2019, on Kosagi island of 6 people  in Mihara city, Hiroshima prefecture.

午前11時頃、小佐木島港にフェリーが到着しました。2018年の豪雨によって流れ出た土砂を海藻糊で固めた「土のテーブル」を、島の植物や食で装飾し、島の魅力が一堂に揃う食卓を演出しました。 1日目は、40名ほどの、2日目は60名ほどの方に三原港から小佐木島までお越しいただきました。 ​ > 土のテーブルワークショップレポートを見る
 For visitors to Kosagi island, we garnished  our 7.2m-long "soil table with local cuisines and plants. We made this table out of soil  which slided off from mountains to housing area in the island, due to the  torrential rain in Hiroshima prefecture in 2018. ​ > See the soil table workshop report 

海の音、風、匂い、土、植物、食。そこには、誰もみたことのない風景が生まれていました。来島者の皆さんに、同年8月開催の食づくりワークショップでメニュー開発を行った「島のおむすび+お味噌汁」を振舞いました。「瀬戸内海の風景がいつもと違って見えた」「来島する機会がなかった小佐木島のことを身近に感じた」など、2日間だけ出現した特別な風景と食を、来島した皆さんひとりひとりが味わいました。

100 people enjoyed the special lunch : Omusubi and Miso soup, made of islands' local food, viewing  this unique scenery with the soil table extended out to the calm ocean. >See the food creation workshop report.

100名の参加者の多くは家族連れで、こどもたちの参加も多く見られました。食べていただいたメニューの中でも特に、島のめかぶで出汁をとった味噌汁、佐木島の海水を炊いて作った塩のおむすびが味わい深いと大変好評をいただきました。
We create KOSAGI DINING TABLE by "Local Upcycling". Even though tables and cuisine are made of islands' local materials, the scenery that appeared on the beach was very unique that nobody had ever seen.  >See the concept page

午後1時を過ぎると、時間の経過とともに潮がテーブルへと迫ってきました。子どもたちも大人も、靴をぬぎ、足先で穏やかな波を感じながら、食事を楽しみました。
In the afternoon, the tide came up to the table. People enjoyed the meal feeling the touch of waves on their bare feet.

10月22日午後3時頃、潮は満ち、イベントの終了とともに波がテーブルを覆いました。土の一部が海へと溶け出していきました。島々に在るものだけでつくった「新しい風景」は、もう一度その場所へと、還っていきました。島の秘める魅力を100名で味わった2日間のイベントは、こうしてフィナーレを迎えました。(終わり)

At 3 pm, the last moment  of the 2 days event, the tide level came up to the table top, and was swallowed up by the waves finally.  The soil table melted back into the ocean. It was finale of KOSAGI DINING TABLE.


<関連記事>
 - コンセプト「LOCAL  UPCYCLEを目指して」

​ - 土のテーブルワークショップ「佐木島・小佐木島の食材でメニュー開発と試食会を開催!」
 - 食づくりワークショップ「豪雨で島の畑に流れ出した土砂を左官技術で7.2mの巨大テーブルに変える実験」

CONCEPT.

CONCEPT.

Food creation 

ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO 本開催をどうぞお楽しみに。


会期2020/9/12(土)〜11/15(日) 65日間

開催エリア三原市・尾道市・福山市

会場CINE PATIO、三原市ゆめきゃりあセンター、小佐木島、尾道市立美術館、旧三井住友銀行尾道支店、尾道市街地、ART BASE百島、ふくやま美術館、広島県立歴史博物館など

主催ひろしまトリエンナーレ実行委員会

https://hiroshima-triennale.com/outline/